マウスピース型矯正装置(インビザライン) 治療費用について

※費用はすべて税別です

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の種類と費用

マウスピース型矯正装置(インビザライン)・フル   ¥750,000~¥950,000
マウスピース型矯正装置(インビザライン)・ライト 軽度の症例 ¥300,000~

治療開始前の相談は無料です。

上記費用には、検査料¥32,400、診断料¥16,200別途、3Dシミュレーション料などを含みます。

クレジットカード・デンタルローン

治療費用のお支払いには、クレジットカードをご利用いただけます。どのブランドのカードでも使用可能です。

 

お支払い方法は「一括払い」と「分割払い」があります。分割払いをご希望の際は、銀行系のデンタルローンをご案内させていただきます。

医療費控除について

所得と医療費によっては、確定申告をすることで税金が還付されます

医療費控除とは、確定申告の手続きを行うことで、家計を同じにする家族が支払った医療費の一定金額について所得控除を受けられる国の制度です。

 

1年間の所得が200万円以上で、本人および家計を同じにする家族が支払った医療費が1月1日~12月31日までの1年間で10万円を超えた場合、確定申告をすることで所得税の一部の金額が還付または軽減されます。

 

所得が200万円未満の場合、所得の5%以上の医療費がかかった場合に申告できます。

控除額の計算

控除額の計算式は以下の通りです。

医療費控除額(上限200万円)
=1年間に支払った医療費の総額-保険金などによる補填金額-10万円または所得の5%のいずれか少ない方の金額

控除対象となる医療費について

控除の対象になるのは、医療機関に支払った治療費や医薬品購入費です。また治療するために必要だった鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師による施術費も含まれます。

還付を受けるために必要なもの

申請時には領収書が必要になるので、大切に保管しましょう。通院や入院にかかった交通費も含まれるため、通院日とその日にかかった交通費もメモしておきましょう。子どもの付き添いだった場合であっても、その方の交通費は含まれます。

  • 確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
  • 医療費の領収書
  • 交通費を書いたメモ
  • 印鑑と銀行などの通帳

※成人矯正においては、歯科医師の診断書が必要な場合があります。当院では無料で診断書を発行しているので、遠慮なく医師やスタッフにお尋ねください。

 

※医療費控除については過去5年間にさかのぼって申請することができます。

  • もも矯正歯科
  • 成人矯正専門サイト 矯正歯科治療ガイド
  • 矯正トリビア
  • ドクターズファイル
  • invisalign