マウスピース型矯正装置(インビザライン)と他のマウスピース矯正の違い

製作工程や治療システムが他のマウスピース矯正と異なります

マウスピース矯正にはマウスピース型矯正装置(インビザライン)の他にもいくつかの種類があります。見た目が透明で形も似ているため、患者さんからすれば適応できる症例や効果についても同じだと思いやすいのですが、実際にはマウスピースの製作工程や治療システムが大きく異なります。よって、適応症例や効果も異なります。

製作工程の違いについて

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の場合

デジタルスキャナーにより精密に型取りを行います

マウスピース型矯正装置(インビザライン)では、患者さんのお口の情報を総合的に集め、精密に型取りを行います。レントゲン撮影や口腔内写真撮影のほか、デジタルスキャナーによって3次元のデータも得た上で治療プランを作成します。

治療完了までの全てのマウスピースが一度に作られます

その後、患者さんの情報と治療計画のデータを開発元の米国「アライン・テクノロジー社」に送り、同社が患者さんの治療計画に沿ってマウスピースを作製します。このとき、患者さんの歯並びを完成形に誘導するまでの全てのマウスピースが作られ、クリニックに送られます。

他のマウスピース矯正の場合

型取りを何度も繰り返す必要があります

歯型をとってから、歯科技工士が模型を見ながら歯を動かした状態を予想して、マウスピースを作製します。そして矯正治療によって歯が実際に少し動いた時点で再び歯型をとり、同じ要領でまたマウスピースを作製します。この工程を治療が完了するまで何度も繰り返します。

製作工程の違いからわかるマウスピース型矯正装置(インビザライン)のメリット

患者さんの負担が軽減します

マウスピース型矯正装置(インビザライン)では上記のように、一度にすべてのマウスピースを作るため、何度も型取りを行う必要がなく、患者さんの負担を軽減することができます。型取りをしてからマウスピースの完成を待つまでのタイムロスがないため、治療を効率的に進めることが可能です。

 

※型取りを再び行い、シミュレーションし直すこともできます

ワイヤー矯正、マウスピース矯正ともに、矯正治療においては、最初に行ったシミュレーション通りに歯が動かないこともあります。マウスピース型矯正装置(インビザライン)は最初に完成形に誘導するためのマウスピースをすべて作製しますが、歯が予期せぬ動きをした場合などには、型取りを再び行い、シミュレーションし直すこともできます。

以前は治療期間内に再シミュレーションできる回数に上限がありましたが、現在はマウスピース型矯正装置(インビザライン)のシステムがさらに良くなり、制限なくシミュレーションすることができます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の製作工程を読んで不安に思われた方は、どうぞご安心ください。

 

難症例にも対応できる場合があります

コンピューターを活用して治療計画を立案するため、予知性が高く、精密な診断をすることができます。よって、マウスピース型矯正装置(インビザライン)では、他のマウスピース矯正では難しかった症例にも対応できる場合があります。

 

患者さんが事前に治療中または治療後の歯並びを確認できます

マウスピース型矯正装置(インビザライン)では、コンピューターによって治療をシミュレーションするため、患者さんも事前に歯並びの完成形とそれに至るまでの歯の動きをパソコンの画面を見て確認することができます。

  • もも矯正歯科
  • 成人矯正専門サイト 矯正歯科治療ガイド
  • 矯正トリビア
  • ドクターズファイル
  • invisalign